SSブログ

s1116 マドロス帽

南の島は一年中温暖な気候である。しかし朝晩は冷える。
武蔵爺さんは有り金はたいてラクダのモモヒキとシャツを買った。
着てみるとこれがやたら暖かい。早速周りへ自慢して歩いた。
あまりの自慢に隣の金持ち爺さんが、ほんだらオイラは2着買うべ、と言って買い、着てみる。
これまたあまりの暖かさにモモヒキシャツ姿で自慢をして回った。
それが何時の間にか島中の人達が老いも若きも次々とモモヒキシャツ姿で歩くようになった。
あたかも島中が宇宙人ではないかと思われる位の姿になってしまったのだ。
観光客は港に降り立つとびっくり。宇宙へ来たのかと勘違いする始末だ。
ビヤダル状の杖をついた婆さん、ボケで帰る家が分からなくなってしまい観光客に、私はどこへ帰ればいいかねーと尋ねた。
観光客は宇宙人のイメージがあったもんでつい天を指差した。
婆さんはいきなり怒り出し、私はまだ死ぬ訳にはいかない、と杖を振り回して追いかけた。
あれれ〜と言う間に、婆さんは転倒して骨折してしまった
急いで救急ヘリを呼ぶが、当然事故なので警察も同乗して来たが、ヘリポートの周りの人達のラクタシャツ姿に何んだこれは、とびっくり。
とりあえずは怪我人をと急いで石垣島の総合病院へ運ぶ。
緊急入院するがなんと付き添いの人、見舞いに来る人達がこれまたラクダ姿だ。
病院でも話題となり、病院の爺さんが試しに着ると、なるほど暖かい。
爺さんはこれまた得意になって街中を闊歩するようになった。
映画好きな爺さんはその姿で映画館に行く。
当時は石原裕次郎のマドロス姿にパイプが超人気、爺さんはラクダももひき姿に真っ赤なマドロス帽を被り町内を闊歩する。
これまた超話題となり町中が色とりどりのマドロス帽にラクダももひき姿が大流行。
飲み屋も喫茶店も歩いている人々も色とりどりのマドロス帽にラクダももひきシャツ姿。
観光客は島へ来るなり、ここは宇宙かと勘違いする程。
大阪で会社を経営している社長が業績が上がらず悩んで旅行中、この光景を見て閃き、膝を叩いた。
社長は大阪へ帰るといきなりラクダファッションで出社。
警察も肌を露出してる訳では無いので手が出せない。
社長はまた大の阪神ファンときている。
ラクダファッションにそれこそ縦縞をつけて甲子園球場へ応援に行く。
縦縞ラクダファッションの社長が応援に行くと、これまた完全に負けの試合が最終回に逆転勝利、連勝記録が話題となりこれまた球場全体がラクダファッションとなってしまう。
ラクダファッションは新聞テレビで話題となり、社長は大量に売りさばき社員の給料倍増。
そして社員に我が社の作業衣をこれにすると言って全社員にラクダファッションを命じる。
営業マンもその姿で外回り。
ところが落とし穴があった。
ビヤダル状の新入女子社員がこのファッションを拒否、解雇になるが裁判となった。
ラクダ裁判である。
さて司法試験第一問。
貴方ならラクダファッションを作業衣として命じた社長の言い分をとるか、ビヤダル状新入女子社員の言い分を取るか、詳細に理由を書きなさい。
貴方はどっちかな・・・・
それにしても飲食店やキャバクラなどあらゆる方面でラクダファッションが大流行するかな・・・
あれ〜AKB48が花柄模様のラクダファッションで舞台を彩ったら面白いだろうなぁ・・・
待てよ・・AKB48に対抗すべく新しいラクダ48グループを作ったらどうだろう・・
誰か新しい企画考えて〜〜
加齢とともに体力を使わない妄想の時間が一番楽しくなる。
・・ひかる妄想劇場より・・・
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント