SSブログ

s1108 むんぴる

若い青年二人、A君、B君と酒を飲んでいると、C君の話題、文句で盛り上がっていた。
そこへC君が、「よー!」と、入って来た。
話題は必然的に他の話題となり、アルコールが入り、その内A君が、先程のC君に対する文句話となってきた。
酔った勢いもあり、「お前は第一、自分勝手で、どうのこうの・・」と説教に入ったのである。
C君は、切れるタイプなので、B君はなんとか、その話題を止めようと、色々気を使っている。
その内、A君が、B君に対し、「先ほどから黙っていたが、なんで俺を、むんぴるんだ!」と、荒れ出したのである。
むんぴる、とは方言で、つねる、ことだ。
ひかるはすかさず、「よくぞこのような古い方言を知っていたもんだ」と、話題を方言に切り替え、場を治めたのである。
この島では、ぴる、という言葉が、いたるところに出てくる。
珍しい、は、ぴるまさー、になる。
昼は、当然、ぴる、である。
女の子よ、この島は、ぴるだらけだが、売っていないぞ。
島自体がハートの形をしており、温暖な気候、繁殖牛がたくさん飼われ、受胎率は日本ナンバーワン。
すぐ子供が出来ちゃうぞ。
この島へ来る時は、ぴるを忘れずに・・・
ところで、男がぴるを飲んだら、どうなるのかなぁ・・・
ビール同様、酔うのかな、一度飲んでみようっと。
パンティー欲しい***島の古老と飲むと、パンティ、パンティと言う発音が連発される。
パンティの意味は、いっぱい、と言う事だ。
いっぱい、いっぱい、入れろと言う意味で使われる。
はいよ! パンティ、パンティ、(いっぱい、いっぱい)、と溢れんばかりに注ぐ。
ちなみに、溢れる、は「パントウリル」と言う。
太る、はパンタルで、太っちょ、はパンタラーになる。
天ぷらは、ころもを付け、膨らませるからだろう、パンビン、と言う。
なにしろ、丸々の感じ、太っちょ、はパンティかパンタルに近い発音になる。
なぜか、やっかいニョロ棒が入って、パ〜ンティ〜と発音すると昔々という意味になる。
中国のパンダ、多分太っちょの意味から名前がきているはずだ。
パンタル(太る)のイントネーションとゴロ合がピッタリ、どう考えても偶然とは思えない。
今日も飲み屋で、オットットットー、パンティ パンティーが連呼、オチョコに口付けする。
??
パンティは脱がせるもの?
決して島の年寄りは色気違いではないぞ!
島の古老にパンティちょうだい、と言うと喜ぶぞ。
パンティ行くわよ、と言うともっと喜ぶぞ。
貴方の愛がいっぱいいっぱい欲しい。は貴方の愛がパンティパンティー欲しいになる。
もしかして、国技館の満員御礼の垂れ幕、パンティ御礼にしたら受けるかも。
フンドシとパンティ、ゴロ合いがいいな・・
飲み屋で満員になったら、パンティ御礼の張り紙を数箇所に張ると大受け、連日パンティ御礼になること、間違いなし。
今でも使われている方言だから問題なし。
本土の「おなかがパンパン」は、おなかがパンティーパンティーが語源だろう。
だから島にはパンティーだらけという事になる。
あれれ? この島の名前、パンティー島にすると、日本の南端、ハートの形をした島、世界的にも超有名になるかも・・
貴方の大好きなアイドルタレントが目の前でパンティーを脱ぎ、オークションにかける生中継パンティー島企画番組。
落札者はパンティーの臭いを嗅いで入札する。落札金は本人と島で折半する・・
モッコリ〜パンティーじーま・・
なんて・・
おじさん、あんたの頭、大丈夫か??
満杯で破裂する状態を、パンクリル、と言う。
そう、自転車がパンクする、はこのパンクリルが原語だろう。
焼き鳥屋で飲む時、色気のない乾杯!なんて言わずに、声高らかに、
パンティパンティーを連呼して飲もう。
回りもつられ、皆んでパンティパンティーだ!
島の方言で、慌てるは、アバッティルという。
慌てる乞食は、貰いが少ない、という格言に、匹敵する格言もいくつかある。
アトウフドウ、マーフ、は慌てるな、残ったものに福がある、という格言だ。
島方言独特の格言は、アバッティル、ハンヤ、アナーナーヌン。
慌てるカニは、家に戻れない、という。
普通では考えられない、モチーフに、蟹を使うところなぞ島の発想らしい。
慌てる奴は、アバッツア、という。
ちなみに、慌てる奴、アバッツア、と呼ばれる魚がいる。
それは、魚の針千本である。他の魚に比べ、図体より極端に小さなヒレ。
敵が近づくと、めまぐるしく小さなヒレをばたつかせて慌てる。
いよいよ危なくなると、体を膨らませ、針を体中から突出し、おちょぼ口で、
丸い目をキョロつかせている姿は、可愛いく、愛嬌がある。
まさしく、慌てる奴、アバッツア、はぴったしの名前である。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント