SSブログ
前の5件 | -

1070 我輩は猫ではない!!

当時の沖縄は米国の統治下、東京から遥か二千キロも離れ、生まれ育った島は、日本の地図のどこを探しても載っていなかったのです。
そんな島があるはずがない!
地図にない、一週間以上もかかる、地の果てへ、娘を嫁に出す訳にはいかない!
代々江戸っ子の親には、とても理解してもらえず、あたかも出所不明の住所不定男か、結婚詐欺師の扱い。
訪ねる度に塩を撒かれ、しまいには座布団を投げられる始末。
結婚話は暗礁に乗り上げ、破談になるかと思われましたが、男としてここで引き下がる訳にはいかない。
意地を見せようと、芯から怒ったが、親戚、頼る人とてない二十五歳の若さ。
一人で立ち向かうしかありません。
結婚は当人同士の問題、親や家族が結婚する訳ではない。
文句を言われる筋合いは無いはずだ!
決して、路頭に迷わせるような事はしない。
信じて欲しいと説得。
最後の手段に訴えるしかありませんでした。
これ以上話をしても無理だ!
とにかくこの家を出ろ!
俗に言う駆け落ち・・
彼女が必要な着替えだけはと取りに行き、風呂敷包にし出る直前、
「こちとら江戸っ子だ、犬や猫がくっ付く訳ではあるまい、隣近所の付き合いもある事だし、式くらいは挙げたらどうだ!」
何! よくぞ犬、猫扱いしてくれたな!
我輩は猫ではない!! と怒鳴り返したかったが、ひかるは決断が早い。
何も喧嘩したくて喧嘩している訳ではない。
要は結婚がしたいのである。結婚が出来ればいいのである。
瞬時に頭を切り替え難問解決。
包みを解かせ、「式の日取りは、追って参上つかまつります」と。
彼女は心配顔。
今後この結婚話に反対する様な言動があったら、いつでも私のアパートへ来い、朝でも、夜中でも問題ないよう、管理人には話をつけておく、と・・
目出度く式を挙げ、娘と息子の二人の子供にも恵まれ、あれだけ反対した親も孫達の顔を見、誤解が溶けて行きました。
江戸っ子気質は一度信頼すると、後は何も残しません。
何事もひかるを頼りにし、女房より先に相談してくれるようになりました。
何んで実の娘に、先に話をしてくれないのかと、女房が焼餅を焼く。
平和な、ひかる一家であった。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

1069 恋

毎日が、ひもじい思いをし、泥棒走りをしていた二十歳。
この世にこれ以上いないかと思われる、美しい女性に、バイト先で出会いました。
声をかけるにも気が小さく、沖縄生まれだと言う、多少の劣等感もあり、ひたすら胸をときめかすのみ。
ある日、まさかと思われる、一大事発生。
その女性が、食欲がないので、自分のお弁当を食べて欲しい、と持って来たのです。
鮭と卵焼きだけのお弁当でしたが、まさかと思われる、好きな女性。
手作りの弁当かと思うと、美味しいの、どうのと言っている場合ではありません。
そして、彼女が目の前で見ているのです。
全身パニック!
世の中バラ色、生まれて最高に甘い食べ物に出会いました。
このままずーっといつまでも一緒にいたい・・・
弁当の味が忘れられず、恋が芽生え、一気に炎と燃え出し、この女性なしに人生はあり得ないと思うようになったのです。
男の恋、一度燃え出したら、止めようがありません。
体を張っての獲得作戦へと展開。
しかし相手は、生まれも育ちも東京両国で、垢ぬけた生粋の江戸っ子。
田舎っぺの取れない三度笠の似合う男には、とても無理かと思われましたが、「命に賭けても、幸せにしてみせる、この気持ちは世界中を探しても、私以上の男はいないはずだ!」 
結婚してくれと、猛うアタック!
一途な気持ちが伝わり、結婚に同意してくれたのです。
やったー!!、
男の情熱、何事か成らざらん!!
天の神、山の神、地の神、海の神、地上の全ての神々を招待し、どんちゃん騒ぎをしたくなったのも当然。
あまりの嬉しさに、気が狂ってしまうのではないか、と自分自身がわからなくなりました。
しかし、暗転、これからが一大事件。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

1068 夫婦喧嘩

また、沖縄のおみやげ店で目に付くのか、100歳にもなるかと思われる、シワシワだらけの、歯っ欠け老夫婦のお面でしょう。
この老夫婦面、実は、夫婦和合の、不思議な力が秘められている面だという事は、あまり知られておりません。
夫婦喧嘩は、どこでもあるかと思いますが、口もきかず、冷戦状態が続いた後でも、このシワシワだらけの、歯っ欠け老夫婦のお面を見ると、思わず吹き出してしまい、些細な事での夫婦喧嘩が馬鹿馬鹿しくなり、仲直りするとの事。
また、このお面をかぶっての、老夫婦の面踊りは最高です。
おじいちゃんは若い時、人一倍スケベーだったとの事。
腰も立たなくなった今、おばあちゃんが、「私のこと、好いとるか・・」と色っぽく迫り、もじもじし・・「おばあちゃんは、世界で一番美しい・・昔も今も一番好いとるぞー」と答えると、「よくも、焼きもちを妬かせてくれたもんだ・・」、とつねり、100歳もの老夫婦が、這いずり、顔を赤らめ、新婚初夜を思わせる仕草は、腰が抜ける程笑わせてくれます。
お祭りや結婚式などに舞れ、舞台上では決してお面を取らず、どの夫婦が舞ったのか、演者当ても場を盛り上げます。
夫婦の機微、和合を楽しませる踊り、一度は世の夫婦に見せたい踊りです。
また、この面踊り、忘年会や結婚式に踊ると、大受けする事間違いなし。
お面を新婚祝いに送ると喜ばれる事、受けあいです。
このお面は「ヤマシキのアブジヤーマー」、と呼ばれ、山崎村のおじいちゃんおばあちゃん、と言う意味で、この山崎村、今は廃村ですが、昔黒島にあった村で、歯っ欠けお面の発祥地です。
知念家では代々、高砂のお面、として大事に祭られております。
ひかると言う男の脳内プログラム、生い立ちの影響なのか、引く事、後退するという事が、考えられないのである。
前記した通り、12ミリ、いや、12カ月、80センチのスケール上で人生を考えるので、後退という事はあり得ないのである。
勿論、後悔するという事も殆んどない。
そして後輩達には、「俺は、背中に断崖絶壁、崖を背負っている、振り向けば、目まいでまっ逆さま、木っ端微塵。だから、振り向く事もしない。常に進む以外はない。嵐が来れば、四つん這いになり、更に激しくなれば、腹這う、そしてミミズとなって、這いずってでも、前へ進む」
人生とは、そういうものだ、と説くのである。
「生半可でない、常に極限の生き方を求めろ!」と。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

1067 画 面踊り

2022-12-06T11:35:07.jpg
ジジババ面踊り。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

1066 パーイ

日本人のルーツは、南方説、北方説、中国説と、色々議論されていますが、南端の黒島では、南方説を裏付ける、珍しい方言が残っています。
例えば、農耕に使うクワの呼び方ですが、島では、「パーイ」と呼びます。
言語学者によると、ペルーの山奥の原住民が、同じ「パーイ」と、呼ぶとの事。
どうしてこのような事が起きるのか、学者自身も不思議がっていました。
一説によると、ペルーやミクロネシア諸島等、赤道付近の島から、黒潮により言葉や生活様式が、運ばれたのではないか、と言われています。
更に不思議な事に、島では、足の事を食べるパンと同じ、パンと発音します。
もしかすると、南の島で、足の事を、パンと呼ぶ所が、あるのではないだろうか。
個人的な推測ですが、食べるパンの語源が、どこから来たのかは分かりませんが、その昔、小麦粉を足で踏みこね、発酵させたか、麦踏の足に関係しているのではないだろうか。
そして、足の事を、パンと呼ぶので、この食べ物をパンと、名付けたのではないかと、大胆な推測をしていました。
この地区は、島により多少方言の違いはありますが、黒島では殆んど「パ、ピ、プ、ペ、ポ」「ガ、ギ、グ、ゲ、ゴ」等の発音だらけで、日本の五十音の発音だけで構成される言葉は、あまり見当りません。
私を方言で言うと「バー」、太陽が「ティダ」、鎌が「ガッキ」、笛が「ピーラキ」、太るが「パンタル」、逃げるが「ピンギル」、てんぷらが「パンビン」等、載げれば限がなく、日本にそのような言葉があるのだろうか、と疑いたくなりますが、紛れもない事実。
何んの因果か、ハブの事も「パン」と呼び、足、ハブ、パンを方言で言うと、パン、パン、パンになり、てんぷら、太る、逃げるが、「パンビン、パンタル、ピンギル」。
最近、南の国から輸入される果物等の呼び方を聞くと、アボガド、パパイヤ、マンゴウ、パイン等、島の方言にゴロ合いが、ぴったり合う発音に驚かされ、少なくとも日本の南端地区では、南方説を裏付ける現象がみられます。
また、「ようこそいらっしゃいませ」という、歓迎の言葉を「オーリ、トーリ」 と表現。
石垣島の商店街のアーケードに、この言葉が大きく、「おーり とーり」と掲げられています。
しかし、ほとんどの観光客は、「おーり 通り」と通り名を連想。
通りとは全く別な場所で、歓迎の「ようこそ、いらっしゃいませ」、「おーり とーり」の立て看板に出会うと、初めて疑問を感じ、正しい解釈をするようになります。
おかしな事に、石垣島の人通りの一番多い交差点に、カニウマの二人乗りは、やめましょうと、大きな立て看板。
本土の人は、蟹のように、横歩きをする、珍馬がいるのかと、興味をそそられますが、実は、カニウマの二人乗りとは、自転車の二人乗りの事で、
自転車の事を、カニウマ と言うのです。
金馬(カネウマ)が訛ってカニウマ??
本土のチャリンコ、いかにも可愛らしい呼び方だと感心させられられましたが、石垣島のカニウマは、ユニークな情緒のある呼び方ではないだろうか。
他にも面白い方言があります。
例えば、昔を方言で言うと、「パ〜ンティ」と言います。
高校時代、物語を方言で発表しようという事で、昔々、というくだりを、いきなり「パ〜ンティー、パンティ・・・」 と切り出すと、女生徒がキャーと大笑い。
パンティーと解釈され、爆笑の内に物語は終わりました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog
前の5件 | -